【口コミで情報をチェック】保険相談サービスを選ぶ基準とは

一家

年末調整向けた節税

女の人

少しでも税金対策

年末になると年末調整として現在加入している保険の詳細を勤務先へ提出することが多いですが、ご自身で確定申告をしていない場合、この保険の金額によって大きく節税対策ができることをご存知でしょうか。毎月支払っている保険の金額を1年間に換算し、支払った保険額に応じて節税が可能となっています。そして近年はさらに様々な商品が発売されるようになり、節税対策をうたった保険商品も数多く見つけることができます。特に近年高い注目を集めているのが個人型年金でありイデコと呼ばれる新たなサービスが誕生しています。既に企業型年金に加入している人を含め、多くの人が対象となり、新たに加入する会社にも増加傾向にあります。このイデコは、節税対策の1つとして高い注目を集めており、今後退職をするまでの期間払い続けることで、非常に多くの税金を減らすことにもつながります。1ヶ月5千円から加入することができるサービスであり、投資先を自分で選択できる特徴があります。国が提供する年金だけでは将来に対して大きな不安を抱える人も多いですが、国からの年金以外の収入源として、個人年金を始めてみてはいかがでしょうか。現在節税対策として多くの商品が販売されており、手数料も非常に安くなっています。節税対策にもなり、将来年金以外の収入源ともなり得る個人年金は、インターネットからでも簡単に申し込みができ、すぐにでも加入が可能ですので、まずはいくつかの個人年金を比較し、希望とする商品の購入から始めてみると良いでしょう。